スライス

Pocket

最近は
普段練習量の少ないスライスやボレーを、意識的に多く打つようにしています。

プレースタイルにもよりますが、多くの選手の場合、試合の中で最も多く使われるのはトップスピン(順回転)のかかったストロークですから、練習量も1番多いです。

普段、私のストローク練習の中での比率は
トップスピン9.9、スライス0.1もしくは0。(笑)

これはこれで問題ですね😱

それを今はスピン9、スライス1
日によっては8、2くらいのときもあります。

こうやって数字にしてみるとすごく少ないように感じますが、今までほぼゼロに近い状態から、その10倍以上は打っていますから大きな変化です。



普通に真ん中でラリーしているときはもっと多く打っているかもしれませんが、マッチ形式のような練習をするときはグッと減ってしまいます。

沢山打つようになると、今までやってなかったぶん勝手に上達するのですが
使いどころはまだまだ模索中で、効果的に取り入れるのは難しいです。

特にハードヒッターとマッチをすると、なかなか時間的に余裕がなく
いつも通りになってしまいます。

プレースタイルはだいぶ違うものの、
日比万葉選手なんかは、ハードヒットされても、スライスで力をいなして自分のペースに引きずり込んでいて、本当にすごいなといつも思っています。



そもそもなんでスライスを練習しようかと思ったかというと、試合のない中、日々の練習で
いっつも同じプレーばかりしていることに飽きてしまったからです。

もちろん長所を伸ばしたり、短所を補うことも大事ですが、新しいことにチャレンジして、
いつもとは違ったポイントの取り方、組み立てをしてみたいなと思いました。

そこからなにか、思わぬ気付きや発見があるかもしれません。

そもそもスライスがうまく打てないというのは短所ということになりますね😂



どういう風に試合で使うようになるのか、もしくはこれから上手くなっても試合では殆ど使わない、ということもあるかもしれませんが、
やっぱり打てないより打てる方がテニスがずっと楽しくなります!

前よりも上達したとはいえまだまだなので、
好きなフォアハンドも磨きつつ、他のショットも練習していきます🎾



SNSでもご購読できます。

Calendar

2021年10月
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

コメントを残す

*

CAPTCHA